髪をかなり短く

度抜けてしまった毛根

薄毛に悩む気持ちが克服されたときの気分を想像してください。各ステップが今のあなたに与えてくれるヒントと、最初に読んだ時に得られたヒント、今後の成長に伴って得られるヒントは違って見えるはずです。
そのたびに新たな発見があるのは、あなた自身が成長しているからにほかなりません。ですので、このサイクルを何度も何度も循環させることを意識織してください。これでもかというほどに、徹底的にやりましょう。また、今後はステップを順番にやる必要はありません。あなたにとって不足する部分があると感じたステップをピンポイントで読み、むしろその方が大きな成果が得られるでしょう。受け身的に読むのではなく、問題意識を持って積極的に取り組むほうが身につきやすいからです。人は、実践してください。やらされているときには成長しないものです。自らの意志で積極的に取り組むようになってからがスタートと言い換えることができるでしょう。さあ、あなたにとって本当の
スタートはここからです。今、あなたの頭の中に浮かんでくる、あなた自身に不足している部分はなんでしょう。分析してみましょう。一番初めの「よしっ」という決意かもしれません。薄毛を克服するための時間の確保がいつの間にかあいまいになってしまっているかもしれません。もしくは、具体的な行動に関することかもしれません。ここまあなた自身を分析してみてください。流すように読んできた方は、もう1度最初からじっくりと読んでいくのもいいでしょう。本の読み方として、1度目は概でを振り返って、観を、2度目でじっくりと読むという方法もあるくらいですから。ステップの最後に、もう一度あなたに質問をしたいと思います。あなたは何のためにこの本を手に取り、行動を起こしているのですか?
<外見について>Break Time最後に外見について考えてみます。薄毛の問題は、内部要因と外部要因に分けることができるとステップ4で説明しました。そして、本当の意味での薄毛の克服は内部要因に大きなウェイトがおかれているとお伝えしました。他人からどう思われているか、人目につく場所に出かけることが怖いという気持ちはあなたの内部的な要因です。実際に周囲の人間は、あなたのことを全く気にもとめていないことの方が多いはずです。ただし、外見は周囲の人へ何らかのイメージを与えます。

これを育毛に必要な血行促進に活活用しない手はありません。これで髪生えてきたら文句ないんだけどねぇ。

後は捻るなりなんなり好きにして作りたい髪型を作って下さい。

髪が生えてきた!

たとえば、薄毛の中年男性が、片側の髪の毛を伸ばして、反対側へ覆い隠すように7:3分けをしている姿をよく見かけるでしょう。いわゆるバーコードというものです。あなたはどう思いますか?私はあのようにはなりたくないと思っていました。実際、私自身が薄毛に悩み始めるころ、なんとか目立たないように試行錯誤していたのをよく覚えています。私はもともと短髪でしたが、短いながらに隠そうとすることも滑稽なものだったと思います。毎日隠そうとすることに必死で、気がつけばバーコードの人とやっていることは同じだなと気づきました。目先の不安から逃れようとすると、気付かないうちに自分のなりたくない自分になっていたのです。このままではダメだと思い、私は思い切って坊主にしました。ただ、仕事の関係もあったので、上司には事前に相談しました。なんとか了解を得た上で休み明けに坊主で出勤をしたところ、「まさか本当にやってくるとは」と唖然とされました。仕事柄、坊主が禁止されているわけではありませんが、まず坊主にしている人はいない業界だったのでそう言われるのも無理はありません。しかし、私は後悔はしませんでした。これで隠す必要もなく隠すにともできませんが、堂々としていることができました。また、不思議と周囲の人からたくさん話しかけられるようになりました。悩んだり隠したりしてもじもじしていると、それは自分自身の態度に表れ、周囲の人に対して話しかけるなオーラを放っていたり、「髪の毛の話題には触れるな」オーラが漂ってしまっています。これが坊主にすることで、薄毛についてバンバン話してくれるようになりました。私自身も坊主にすることで、心の中のもやもやが吹き飛んで、何でも話せるようになりました。

髪のお手入れに関して

私のケースでは、坊主にすることが1つの転機になったわけですが、これは坊主ではなくても、薄毛が目立ちにくい短髪にするというのも1つの方法だと思います。要するに、薄毛である事実を包み隠さずさらけ出すにとで、あなたの心もその悩みから開放され、結果的には薄毛に悩むということから外部的にも内部的にも解き放たれていくのです。髪型のほかに、髪型に似以合う服装であったり、包み隠さない姿など、外見に変化を与えることは、あなたにとっての大きい変化であるだけでなく、周囲にとっての宣言にもなるわけです。ただし、坊主にすることは大変勇気のいることでした。実は、私は何度も坊主にしようと思いながらもできずに2年ほどが経っていました。その頃は、私自身が外部的要因にばかり気が取られていた時でもありました。まだまだ、この本のようなステップを踏めていなかったため、心が全く追いついていなかったのです。私が本気で薄毛に悩むことを克服しようと思った時から、自分自身の分析、小さな行動の積み重ねを繰り返し、最終的には薄毛を克服することができました。一番の要因は私自身の心が変わったことです。ですから、今、私自身が誰かから薄毛について何か言われたとしても全く気になりません。むしろ自分からその話題に入っていくぐらいです。そうすると、人は私自身に好意すら感じてくれます。「なんだ、別に大したことじゃないんだ。」と感じた瞬間でした。薄毛を克服できた瞬間は、意外とはっきりわかると思います。そしてこの状況をさらに後押ししてくれたのが坊主にしたことでした。髪型は正直どちらでもいいと言えばどちらでもいいことです。それでも、やはり相手に与える印象は大切です。自分自身の成長した内面に花を添えるように、外見もさっぱりすれば、あなたは完全に薄毛に悩む心、気持ちから開放されていることでしょそのとき、
もし、坊主もしくは短髪にする勇気がなければ誰か親しい人にお願いしてみましょう。

植物も根から酸素を吸います。

私も自分ではさすがに勇気がなかったので友人にお願いしました。誰もいなけう。れば私がお手伝いしても構いません。坊主ならできますよ(笑)

8ステップを終えて

ステップを終えて

薄毛を克服するための8ステップは以上で完了です。あなたに伝えなければならないことは、すでに何度も言いました。この本を手に取り、そして何のためにあなたの貴重な時間を惜しんで行動を起こしたのか。この意味をもう一度考えてみて下さい。薄毛に悩むことから開放されるためです。これまで悩み続けてきたコンプレックスがすぐに克服できるとは思いません。しかし、何もしなければ今までと何ら変わることはありません。また、厳しいようですが、この本を手にとって、行動に移しても、途中で投げ出してしまっては同じことです。今までのあなたと何も変わっていません。もちろん、あなた自身が成長していることに間違いはありませんが、私はあくまで、あなたが薄毛に悩むということを克服するためにこの本を執筆しています。内容はサラっと書いているわりには厳しいと感じることが多々あると思います。そうでなければコンプレックスなど克服できないと思っているからです。もし、薄毛で悩んでいる友人が目の前にいたならば、私はこの本の手順をマンツーマンで説き、そして実践してもらい、克服してもらうだろうという手順をここに記載しました。ですので、超実践的に書かれた内容であると思います。その分、実践する方にとっては大変な作業となるでしょう。それも承知の上です。何度もいいますが、それはあなたにコンプレックスを克服してもらいたいという思いからです。きっとあなたは薄毛に悩むことから開放されることでしょう。

人間的成長

これは私の経験談ですが、薄毛を克服人間的にとても大きく成長できたような気がします。 誰かに優しくできたり、心も寛容になれた気がしています。そして、できたとき、今も年々、人としての厚みが増しているように感じます。自画自賛のようでおかしいのですが、これはおそらく、薄毛を克服するプロセスに理由があるのだと思います。この本の冒頭に述べベましたが、育毛剤や発毛剤、カツラや植毛など、今は薄毛を外見的に改善させる方法は様々です。多額のお金がかかったり、完全には治らなこれらの方法は、かったりすることが多々あります。カツラだと一生かぶり続けなければなりませんし、飲み薬等も一度飲み始めると、髪の毛の状態を維持するためにやめられなくなることが多いようです。副作用などにも注意が必要です。
身体はもとより髪にもいろいろな弊害が生じます塩ならば

髪さえあれば··.

これらの方法を否定するわけではないですが、おそらく彼らの多くは問題を外見的に解決させることができているだけでしょ(実際には、多くの方が問題を解決できていないのが現実でしょうが)。常に、薄毛に関する話題や周囲からの視線には細心の注意を払っていると考えられます。根本にあうる問題は何も解決していないということです。それでも構わないと思うのであれば私はそれでいいと思います。ただし、私はそれでは嫌でしたので、問題を完全に解決させることにしました。要するに、心の問題を中心に解決させたのです。自分自身を分析すること、そして、克服するために行動すること。あきらめず見直すこと、向き合うこと。に何度も何度も反復的に行動することを続けました。話が大分それてしまいましたが、これらの一貫したプロセスは、人としてどうあるべきかということについて自分自身に問い質す作業そのものではないかと思います。よく考えてみると、人として成長するためのプロセスを薄毛のコンプレックスを克服させるということに応用させていただけなのでしょう。結果、薄毛に悩んでいなかった時よりも、薄毛に悩むことを克服できた時の方が、はるかに人間的にも成長することができていたというわけです。もしかすると今のあなたには理解できないかもしれません。でも断言できることがあります。それは、この事実が薄毛に悩むことを克服すること以上にあなたにとってとても大きな財産になるということです。なぜか、人にモテるようになるからです。イヤらしい意味ではなく、人として周囲の方々があなたの人間性を認める、一目置くようになるということです。

そこで薄毛治療を始めることを語りました。

これがどんなにすごいことか、それはあなた自身が体験してみてください。どうですか?早く克服したくなったでしょう。一刻も早く克服してしまいましょう。悩んでいる時間だけあなたの人生がもったいない。人生·命は時間です。1分1秒を無駄にせずに大切に使いましょう。

幸せの連鎖

私からお願いがあります。あなたが薄毛に悩むことから開放されたなら、きっと素晴らしい男性になっていることでしょう。今度はあなたが、同じような境遇で悩んでいる人を助ける立場になって欲しいと思います。あなたから始まる幸せの連鎖がこの世の中を少しでも素晴らしいものにできたらそんな素敵なことはないと思いませんか?実は私にはやりたいことがあります。それは、薄毛やハゲがかっこいいと思われるそんな世の中に変えることです。残念ながら、現在はまだそういう状況ではありません。私たちが堂々と世の中を歩いていけるような世界を夢見ています。そのためには、一人でも多くの悩める男性を解放させてあげることだと思っています。一人ひとりが堂々と生きられるようになれば、この夢は実現すると本気で思っています。ですので、あなたにもこの夢に賛同していただければこれ以上ない幸せです。今後は、そんな素敵な世の中を作り上げるために、いろいろと施策を講じていければと考えています。その際は、今度はあなたの力を借りなければならない時がくると思いますので、ご協力のほど宜しくお願いします。「世の中捨てたもんじゃないな」と思える人をたくさん増やしましょう。私たちにしかできないことが必ずある。共に新たな道を切り拓いていきましょう。2014年9月 hage
クソ行ってくらぁ!とも言える根性はなかったから、いつも休み時間の終わり間際にダチ達が教室に戻ろうとする頃、豪速で切り替えしで廊下を時速一八○キロくらいで突っ走り、クソしに行ってた。そんな俺も、さすがに小学校のころはハゲてなくて風や雨に対しては悩みはなかった。強いて言うのであれば、髪型だった。俺はいつも、近所の行きつけの散髪屋さんに行ってたんだけど、髪型の注文はおかんが勝手に電話で予約するついでにしていた。

抜け毛が増えるのはこんな理由があったからなのでした。

せっかく育ってき

そのほかには、今まで着ていた服が似合わなくなった(着られなく「おしゃれな美容院にいけなくなった」「人前に出るのが嫌になった」「髪の毛の話題が苦痛になった」「海やブールに行けなくなった」相談できる人がいないなった)「薄毛について誰かから話題をふられることが怖い」今、私に思い浮かぶほんの一部を列挙してみましたが、いくらでも思い浮かんでくるでしょう。できるだけ多く、そして細かく書き出してみましょう。書き出す際には、次項のワークシートをご活用ください。それではどうぞ。
お疲れ様でした。あなたが行動に二の足を踏んでしまう事柄を書き出すことができたでしょうか。必要であれば、用紙をコピーしていくらでも書き足してください。そして書き終わったら少し休憩をしてください。書き出す作業で疲れたでしょうから、休みを挟んで次のワークへとりかかってください。そのほうが、次のワークのパフォーマンスも高まるはずです。また、ふとした瞬間にたくさんアイデアが思いつくかもしれません。そうしたらまた書き足してください。最初のワーク、お疲れ様でした。
ワークI-2十分な休憩はとれましたか?焦らず、着実に前進していくよう心がけてください。ステップをどれだけ早くこなしたかは問題ではありません。どれだけ濃い内容で実施できたかが重要なのです。それでは次のワークへ移りましょう。先ほどのワークI-

で書き出した項目を分類していきます。このステップのはじめに行動は3種類に分けられると説明をしました。

自己完結すること他人が関係すること「自分ではどうにもならないこと」の3種類です。覚えていますね。あなたの書き出した項目を、この3種類に分類してみてくださたとえば、鏡の前に立つことは自己完結することに分類できるでしょう。さらに、その項目を次のいずれかに分類してみましょう。「行動」「言動」思い·考えをい。中分類としていずれかに細分してみてください。それぞれの項目が重複しても構いません。

細く抜けやすい毛髪へと変わってしまう恐れがあります。

薄毛を克服する

薄毛に悩むよう行動にともなう勇気や痛みの程度については考慮せずに仕分けしてみてください。それぞれの項目に分類する際、次項の行動分類表を活用してください。それではどうぞ。
ワークI-Oさて、立て続けになりますが、あなたにはもうひとつの作業をしてもらいます。行動分類表をもとに、アクションプランを作成してもらいます。これが実際に、あなたが行動をするための管理表になります。行動分類表で分類した項目を「アクションブランシート」へ転記していきます。この表では、行動目標の達成時期、達成状況、結果に対する振り返りができるように作成されています。何事においてもそうですが、期限を設定しなければ目標は達成できません。ですので、行動目標に対して期限を設定してもらいます。そして期限が到来した時に、達成状況を確認し、なぜ達成できたのか。「なぜ達成できなかったのか。」を振り返り、達成/未達成の要因を分析してください。鏡の前に立つことがとても嫌で、これまで避けてきたという方は、薄毛を克服するということから逃げてきたのかもしれません。しかし、本書を読んだタイミングでそれをできるようになったのであれば、「今度こそ薄毛を克服して幸せな人生にしてやる」と強く決意し、あなたのコンプレックスと向き合ったという心境の変化があったのかもしれません。であれば、鏡の前に立つこと以外にも、その気持ち=成功体験を他の行動に応用できるはずです。反対に、達成できなかったことについても分析をします。なぜ達成できなかったのか。私の実体験では、薄毛に悩むようになって、服が似合わなくなったことに悩んだ時期がありました。そこで、服を買うという行動を起こそうと思い立ったのですが、どうしてもお店に買いに行くことができませんでした。これは、行動目標でいうところの未達成に該当します。未達成となった要因を分析すると、お店には多くの人がいて、みんなが自分のことを見ているのではないか、知人がいるのではないかという恐怖がありました。また、外見と選ぶ服のミスマッチを店員が心の中で笑っているのではないだろうかと妄想してしまったからです。結果、服を買いにいくことができませんでした。ただし、未達成だからと落胆してはいけません。これだけ分析できれば十分収穫はあります。私の場合、まずはその考え方を変える必要があると思いました。

M字に産毛が生えてきた髪がしっかりしてきた額

髪の毛が少ないことをギャグのネタにすることもあ
ステップ4やステップ5で自分自身を深く知ることで自分自身が何を恐怖に感じ、行動を制限しているかを分析しました。そして、行動を起こしやすい状態を作るためにどうすればいいかを考えました。しかし、すぐに行動に移せるほど私は強い人間ではありませんので、服を買うということに対する目先の代替手段としては、インターネットショッピングを利用することにしました。これで、気兼ねなく服を買うこともできるようになりました(この時、インターネットショッピングにどっぷりはまってしまい出費がかさみましたが)。周りから見るとほんの小さな一歩だったのですが、私にとっては様々な葛藤と聞いながら歩み始めた大きな一歩であり、喜びと満足感を味わうことができました。このステップの目的は冒頭に説明したとおり、小さく行動するということです。ステップのはじめにご紹介した行動のマトリクスでいう行動に移すことを想定しています。分類した項目を「アクションプランシート」へ転記する際には、あなた自身が「これと思うものの中でも、一番簡単にできるものから優先的に転記してならできる」最初にお願いした行動項目鏡の前に立つも加えておいてください。とにかくたくさん書いて、たくさん実行していきましょう。そして期限を決めて、いってください。できたら達成理由を、できなかったら未達成理由を記入してください。成功体験の積み重ねがあなたの自身につながります。また、未達成だからとあまり落ち込まないようにし「これは今の自分にはできないだけだ。いずれできるようになる。」と考えてください。ただし、未達成理由についてはしっかりと分析してください。てください。そこからも何か得るものはあるはずですから。それではさっそく「アクションブランシート」完成させましょう。また、行動に際しては、以前にご紹介した悩み解決のフローチャートを
掲載しておきますのでご参考にしてください。
お疲れ様でした。そして、「アクションプランシート」の完成おめでとうございます。あなたのやるべきことが具体的な行動項目として1枚のシートにまとめられました。これだけでもかなりの達成感を味わうことができたのではないでしょうか。「何から手をつけていいかわからない」

髪がある男性と髪のない男性を比較したとき

そして髪といえば
と考えていたことが、今、目の前に具体的行動策として提示されました。しかもそれは、あなた自身の力で成し遂げたのです。ここまでできれば、あとは実際に行動に移すだけです。さあ、覚悟が決まれば次のワークに進みましょう。行動を起こす前には目を閉じて「よしっ」と静かに気合を入れてみましょう。
ワークI-Oさあ、このステップの最後のワークです。それはこのステップのテーマでもある小さく行動するです。あなたは長い段階を経て、あなただけの「アクションプランシート」を作成しました。このステップ6を最低でも1週間は繰り返し実行してみましょう。やっていく中で、「これもできそうだ、あれもできそうだ。」とひらめくものはどんどんシートに書き足して実行してください。反対に「これはできそうにないな。」というものが出てくるのも良い経験になります。今のあなたに何ができて、そして何ができないかをはっきりと示してくれるからです。そして、できなかったことに対する分析を忘れないようにしましょう。1週間もすれば、できるものの傾頃向やできないものの傾向がわかってくるかもしれません。個別項目ごとの分析ができたら、次は全体を眺めて、あなたが得意とする行動、苦手とする行動の傾向についても分析してみましょう。このステップでも、あなた自身を理解するということが要求されます。行動して初めて気付くあなた自身のことがあるはずです。このステップで、あなた自身をより正確に理解し、現在あなたが立っている位置=現在地を認識した上で、目標に向かってまい進していただければと思います。ここまでのステップであなたに不足する部分は、行動を通しどこが自分には不足しているのかを分析できれば、迷わず該当するステップを読み返し、自分のものにしてください。

円形脱毛症になったらどうなる

M字部分の産毛はこんな感じです。
何度も言いますが、てより鮮明にわかってくるでしょう。この本は早く読み終わることに何の意味もありません。あなたが薄毛を克服することにこそ意味があり、そこにしか意味はありません。ただ読むだけであれば、わざわざこの本をお金をかけて買う必要なんてどこにもないんですから。確実に各ステップをあなたのものにしてしいきましょう。さあ、目を閉じ、大きく深呼吸をしてからゆっくりと目を開けてください。心の準備が整ったら行動に移りましょう。
<小さな行動の積み重ねと以外な効果>Break Time小さな行動の積み重ねには、大きな効果があります。あなたには、このステップ6で、実際に小さく行動するための計画を立て、実践までしてもらいました。これらの行動をあとで振り返ったときに、あなたは大きな財産を手に入れていることに気付くことでしょう。小さな行動=挑戦を繰り返すことで、あなたに今できることは何かを1つずつ確認することができたと思います。この小さな積み重ねが、あなたの行動や考え方を大幅に変えているはずです。あまり考えないままに、あれはできない、これもできなと拒み続けていると、本当はできることさえもできなくなります。そうではなくて、「今の自分にはこれがこんなこともできるのではないか」と積極的に行動しできる、いて頂ければと思います。その、できる項目を増やしていくことが、あなたの行動範囲を広げることになりますし、行動の幅が広がれば、それがあなたの自信になります。そう「こんなことができたのなら、あんなこともできるのではないか」、「こんなことにも応用が可能なのではないか」と、加速度的にあなたの行動範囲は広がっていきまなると、す。ですので、あなた自身の考えること、やることに対して否定的な見方ではなく肯定的·積極的な見方·考え方をするように心がけてください。あなた自身がこのステップ6を通して、身にしみて感じたかと思いますが、行動を起こすこと、習慣化することにはかなりの負担を要すると思います。習慣化し、ただし、行動の幅が広がりはじめるには、多少時間がかかります。多くの方がこの段階で挫折を味わいますが、何のためにやっているのかを思い出し、根気強く続けてください。誰もが直面する壁ですが、必ず乗り越えられます。

体毛ともにミノタブ中止後は薄くなったかなという印象です。

薄毛に悩む気持ちが克服されたときの気分を想像してください。素晴らしい瞬間が訪れることを思い描いて、できる限り多くの小さな行動を実行しましょう。次のステップでは、この内容を詳しく見ていきます。

ステップ7 <行動の輪を広げる>

ステップ6であなたは小さなー歩を踏み出しました。小さな行動とはいえ、実際には力のいる作業であったかと思います。それも繰り返すうちに、何ができて何ができないか。何に苦しんで、なぜ行動にうつせないのか。などと自己分析を通して、いろいろなことが見えてきたのではないでしょうか。私の場合、小さく行動を起こそうと思い立って、実際に意識してみると、実は多くのことが自分にはできるということに気付きました。これは、私にとって大いに自信になりましたし、次に行動を起こすための動機にもなりました。ステップ6を実践してみて、あなた自身も意外と行動に移せることが多いことにきづいたかもしれません。そして、行動範囲も少しずつ広がってきたのではないでしょうか。ステップ7のテーマは、この行動範囲を意識的に広げるということです。
前項の図、行動の5ステップを見ると、行動の輪を広げるというイメージが感覚的に理解できると思います。この図に示されているStep
以前に紹介した行動のマトリクスのの~
に該当します。