頭髪の半分が白くなる

薄毛を叩きのめしたいと思います。

輪の外側になるほど行動としては難しい

すなわち、もう一度、前項の行動の5ステップの図を見てください。あなたは、これまでにStep

まで実施してきました。これからはStep

を段階的に行動に移していくことになりま

す。要領としては、これまで実施してきた方法と特段かわりません。ただし、行動のマトリクスの図を見ていただくとわかるように、

以降では他人の関与度が高くなり、あ

なたの必要とする勇気や感じる痛みの度合いも大きくなっていきます。また、「自分ではどうにもならないこと」についても対応していかなければなりません。これはどういうことかというと、あなた自身ではどうしようもない、外部からのあなたへのアクションです。いくら薄毛について克服しようとも、こればかりは誰にもコントロールできません。ステップ4の中で、過去と他人は変えられないと言いました。他人はまさに、あなたのコントロールできる範時の外にあります。これは、薄毛に関することだけではなく、世間一般にあるすべてにおいていえることです。仕事でも学校でも、他人を変えることはできません。ただし、自分と未来はいくらでも変えることができるともお伝えしました。他人を変えようとすることはできなくても、外部からのアクションに対して、自分がどのように考え、行動すべきかは自分のコントロールの範職にあります。大切なのはこちらです。あなたには、薄毛を克服するために多くのことができることがわかったと思います。それ以上にあなたにはコントロールできない多くのあるいは無数の項目があります。当然、薄毛に関する項目で、あなたにはコントロールできないものもたくさんあります。薄毛を克服するとは、これらのコントロールできない無数の項目に対して、今は平常心を保てない状況かもしれませんが、訓練により感情をコントロールできるようになるということです。そのためには多くの行動を実践することが重要です。行動を繰り返していると、似たようなシチュエーションに何度も出くわします。何度も繰り返し実践(=経験)することで、あなたにとってコントロールのできないことであっても平常心を保っていられるようになります。しかし、全く経験のない未知な状況では、なかなかそれは難しいでしょう。要は、行動の積み重ねがあなたの経験値となり、経験値が多いほど、薄毛に対するコンプレックスは薄まってくるということです。ではなぜ、あなたが薄毛に悩むようになってから今までに色々な経験をしてきたはずなのに、薄毛というコンプレックスを克服できていないのでしょうか。これは、私は意識と経験だと思います。コンプレックスを克服しようと意識しなければ、人は嫌なことから逃げてしまいます。私自身がそうでした。人に会うのが怖い。薄毛の話題が怖い。海やプールに行けない。周囲の目がとても怖い。常にびくびくしながら生活をしていました。と
にかくその状況から早く抜け出したいと、グループの輪から一目散に逃げ出したり、友人の誘いを断ったり、そもそも家から出ないようにしていました。本気でコンプレックスを克服しようと決意してからは、薄毛を克服するために行動することだけを強烈に意識し、自ら行動を起こし、できたこと、できなかったことを分析してきました。

本来抜けるべき髪が 抜けない状態になっています。

写真でも実物でも目の前にいる男性が薄毛であれば

付き合うようになったのは髪が生えてからだったのだ当初は、この本のようなガイドラインもありませんでしたので、手探り状態で前進していましたから、こんなことで本当に薄毛の悩みが克服できるのかと不安でした。しかし、結果的にその積み重ねがコンプレックスの克服につながりました。コンプレックスの克服を意識していなかったころは、とにかくその嫌な状況から逃げ出してばかりだったので、経験など積みあがるはずがありません。むしろ、その場から逃げることで楽になれるという逃げ癖がついていたくらいです。薄毛に限らず、コンプレックスを克服するためには、勇気がいります。だから、常に意識しましょう。あなたは何のためにこの本を読み、何のために勇気と痛みを伴ってまで行動を起こそうとしているのでしょうか。よくわからなくなったとき、いつもここに戻ってきてください。このステップは、行動することがかなり難しいと感じるかもしれません。できないことはやらないでOKです。いくら頑張っても今はできないし、頑張ってやってみても大失敗してしまう可能性もあります。ここで、12項で説明したゴールまでのステップの図を思い出してください。あなたの現在地を確認するとともに、もともといたあなたの場所を再確認してください。あなたは薄毛を克服するというゴールを目指し、この本を手にとっていただきました。読み始める前には絶望的だったかもしれません。また、読み始めたばかりのときには、途方もなく遠い場所にゴールを感じていたかもしれません。しかし、あなたはゴールに向かって歩み始めています。そして、すでにステップ7まで上ってきました。そして、ステップに入る前に言いました。もし、ステップが難しいと感じるようであれば、さらにステップを細かくわければいいと。何度も言います。この本は、あなたが薄毛を克服するためのものです。あきらめずに実行し続ければ必ず克服できます。高すぎて上れない階段があれば階段を細かくすればいいだけのことです。せっかくここまできたのにあきらめてはいけません。あきらめずに根気強く続けましょう。薄毛を克服できるかどうかで、あなたの今後の人生が全く変わってくることを意識して行動してください。それではこのステップのワークに移ります。
ワークIVステップ7でやることは、基本的にはステップ6の内容と同じです。ステップ6ですでに行動項目の洗い出しをしていると思いますので、それをアクションプランシートへ落とし込み、行動を起こし、結果を分析するだけです。徐々にできる範囲を広げていくということを意識してください。ステップ6では、これだったらできるということを中心に行動してもらいました。ステップ7では少し意識を変えてください。これはできるだろうかと思うものを中心にアクションプランシートを作成してください。ステップ6を終えてみて、改めて行動項目の洗い出しから始めるのも良いでしょう。他人が関係すること、「自分ではどうにもならないこと」については、ステップ6ではあまり触れておりませんので、このワークを機に行動項目分類表および「アクションプランシート」

一気に清潔感が増すでしょう。

むしろ毛が東になると薄さが強調される
について再度検討いただくのもいいかもしれません。今現在のあなたがやることに、難しさを感じるものを中心にアクションブランシートを作成してください。まだこのステップは難しいな、勇気がいるなと強く感じる方はステップ6に戻って、小さく行動することを繰り返し実施する方が良いかもしれません。アクションプランシートを作成しながら、今のあなたのレベルにより近いと思われるステップに取り組んでみてください。ではどうぞ。
<壁>Break Timeステップ7、お疲れ様でした。ステップ6以降は作業よりも実践が中心となっています。思うように進まないもどかしさと、精神的なつらさがあると思います。そして、特にステップ7では、壁=困難を感じることが多いかもしれません。ここまでは比較的スムーズにこなしてこられた方も多いかと思います。しかし、このステップはそうはいかないでしょう。慣れてしまえば簡単なことなのに、慣れるまでは本当に難しい。何事小さいころ、逆上がりや縄跳びで苦戦したことはないにおいてもいえることでしょう。ですか?学校の勉強や入社1年目につらい思いをした記憶はないですか?あなたはこれまでに何度も壁を乗り越えてきています。ただし、一筋縄にはいかなかったことも多いはずです。簡単に超えられるようでは壁とは言いません。当時の自分にとってなかなかクリアできないことだから壁なのです。あなたも思い出してみてください。過去に乗り越えてきた壁は簡単でしたか?何度も挫折を味わいませんでしたか?今回も同じです。失敗しても決して諦めないでください。続けていれば必ず結果は出ます。超えた瞬間は、「あれ、こんなに簡単だったっけ?」と思うぐらいすんなりといくでしょう。それもすでに経験済みだと思います。

毛穴に詰まった皮脂を取り除き

女の薄毛に対する高い成果を追求するのは無論の事
そのことを頭の片隅において、今はこのゲームを楽しんでください。焦る必要はありません。大切なのは続けること、そして結果を出すことです。諦めることだけはしないでください。絶対に目の前の壁を乗り越えましょう。

ステップ8 <サイクルを回す>

いよいよ最後のステップとなりました。すでにあなたはすべてのやるべきことを知っています。あなたは、すでに薄毛というコンプレックスを克服するための知識はすべて手に入れているのです。あとはこれを継続的に実施するということだけです。今、コンプレックスが克服できていないのは、経験が不足しているというだけのことです。意識的にコンプレックスの克服に取り組み、経験を積み重ねることが、今のあなたに求められていることです。人は飽きっぽい動物ですし、嫌なことを続けることは苦痛だと感じしかし、その反面、人間は習慣の動物でもあります。何事も3週間続ければ習慣になるとよく言われています。いくら大変だとしても1ヶ月は続けてください。るでしょう。その期間、ステップをうまくこなせているかどうかがわからなくても、1日も欠かさずに続けてください。内容を充実させるのはそれからでも遅くはありません。リズムが出てコンプレックスを克服するために何をすべきかを真剣に考えるようにすればよいのです。学校や仕事でクタクタになる日もあるかもしれません。それでも休まずきたら、続けてください。10分でも5分でもいいから時間をとるようにしてください。続けるための一つの方法として、普段、あなたが習慣的にしている行動の前後にセットするということが考えられます。たとえば、夜寝る前に音楽を聴いているのであれば、その前後もしくは聴きながらでも構いません。ステップ2の時間をとる、であらかじめ実践するための時間を確保してもらっていますので、それを忠実に守っていただくという方法が今はベストかもしれません。そうすることが習慣につながります。そして1度習慣化してしあとはあまり強く意識織をしなくても続けることができるようになります。1度習慣になってしまうと、むしろやめることの難しささえ感じることでしょう。たとえば、まうと、毎日の歯磨きやお風呂、その他にも習慣的に毎日やっていることが変わると、違和感を覚えるという感覚はあなたも味わったことがやらないと落ち着かない、あるでしょう。そんな状況です。そうなるためにはまずは続けることで習慣化する必要があります。薄毛に悩む問題の解決には時間がかかります。

育毛を促すことがベストです

脱毛を予防し毛の成長を促進するために配合されます。
いくら頑張っても短期的に解決させることは困難でしょう。1日1時間でも時間を確保できれば、1週間で7時間、1ヶ月で30時間、半年も経てば180時間です。毎日5時間、この問題について取り組むことは難しいかもしれませんが、1日1時間であればそう難しくないはずです。特に、人間の精神的な問題の解決には時間がかかります。表面的には短期間で解決したように見えても、精神的な克服というのは一筋縄ではいきません。薄毛の問題というのは、外部的な要因と内部的な要因の複合型だといえます。これらを克服するには、短期集中型ではなく、長期的にじっくりと取り組むスタイルの方が相性が良いのです。ですので、習慣はあなたに偉大な力を与えてくれることを理解して、根気強く取り組むように心がけましょう。さて、続けることと同様にとても大切なことがもう一つあります。それは、ステップを循環させるということです。あなたはすでに最終ステップまでたどり着きました。順調に行ったかも知れませんしそうでないかもしれません。1度読んで実行しただけでは、大抵の人はコンプレックスを克服できていないことでしょう。当然です。これまで長きにわたって悩まされてきた問題が、この本を1度読んで実行してみた程度で解決するわけがありません。スポーツでも何本を読んだだけで上達することはありえませでも、ん。知識はアウトプットすることが大切です。本で読んで理解したことを、実際にやってみる。しかし、最初から思っているようにうまくはいきません。それでも続けることで少しずつできるようになります。まずはあなたの頭の中に成功イメージ、ここでは薄毛を克服してとても幸せなあなた自身をどれだけ鮮明に思い浮かべられるかが重要となります。そして、何度も失敗を繰り返しながらも続けることで、あなたに何が足りないのかがとてもよく見えてくることでしょう。それがわかっただけでも大きな収穫です。
現状分析が不十分であるのか、自分自身の内部的な考え方に問題があるのか、実行する勇気が足りないのか..自分自身のことが良く見えてくることでしょう。あとはその不足する部分を補うために繰り返し繰り返し実践することです。

発毛状態の観察

これまで実施してきた各ステップは、段階を追って、あなたの抱える薄毛に対するコンプレックスを克服するためのものです。克服のための最適な順序を示し、実践していただけるように工夫してあります。実はこのステップは、どこから始めても効果が得られるようにもなっています。ですので、最終ステップまでたどり着いたあなたは、今何が足りないのかを認識していただいた上で、足りないと感じるステップへ戻って不足部分を補うような方法をとることが効率的なやり方となるでしょう。一度あなた自身のことを振り返ってみてください。各ステップが階段のようなイメージだとすると、今、どのあたりにいるのか高いところから全体を見渡してみてください。あなたができていること、できていないこと、当初いた場所からの成長ぶりなども見てみましょう。薄毛に悩む気持ちを克服するためにはどのステップもクリアしていなければなりません。苦手なステップがあれば放っておくわけにはいかないのです。ですので、あなた自身を振り返り、良い部分は引き苦手な部分については克服していく必要があります。ここからの作業イメージは次項の図のようなものになります。各ステップは最終ステップであるス続き伸ばすように、テップ8を取り囲むように7つのステップが輪を描いています。あなたの長所は弱点は克服すると言うサイクルを何度も循環させることでできなかったことをできるよ伸ばし、うに、できていたことはさらにできるように訓練していくのです。また、各ステップは時間の経過、あなたの成長度合いにより、同じステップでもその都度あなたに成長の機会を与えてくれます。