発毛·育毛剤をつけます。

口髪はイキイキと元気ですか?

まさに薄毛への第一段階。担当のお姉さんは十年間一緒で、山ピー時代から現在のベジータ様に至るまでの進化過程も把握しておられ、言わば俺のハゲ人生においての絶対的パートナーと言える存在だ。髪型のここをどうするとか、長さはどれくらいとか、言わなくても全ってくれていて、警備員達の事も言わなくても丁寧に扱ってくれて、警備員達の中でアイドル的な存在だ。警備員とはM字を隠している髪達そのお姉さんだが昨年、結婚の為に退職なされて、代わりに二十五歳のAKBのともちん似の子が俺の担当となった。今回は、その引き継ぎ一発目のカットの話だ。俺はいつになく緊張していた。俺はそのパートナーのお姉さん以外、俺の聖域を公開した事はなく、カットのやり方はどう説明したらいいのか?警備員達の存在をどう説明するのか?俺の聖域を目の当たりにした時のともちんの心境はどうなるのか?フイたりしないだろうか?ハゲるほど悩みに悩みまくった。そして運命の日がやってきた…ともちん「○○に代わりに担当させて頂きますともちんです」俺「ども、宜しくお願いします」悪魔でクールだ。緊張など一ミリも漂わせない。まさに冷静な山ピーだ。ともちん「今日はどうされますか?」俺はいつもカットは、フロントはガチ Mだからトップてっぺんの毛を長めに残し、その毛でM剃りの聖域を隠している。このトップの長めの毛が警備員達だ。最近はその警備員達が痩せてきて、細くなり、髪が伸びてくると真ん中だけペッタリとして、サイドの毛が盛り上がるという悲惨な事になる。イメージはハンマーシャークだ。(ハンマーシャーク分からなければ画像ググってくれ)

丸く髪が無くなっている場所を見つけました。髪内部の組織を守ること。

種をまいて分の遺伝子を増やす

抜け毛などを取り除いてフケの試料とします。

なのでともちんには、「サイドと首回りはガッツリいっちゃって下さい」
ガッツリとか男らしさをアピールする。「んで、トップとフロントはサイドの感じ見て言います」内容 的には弱気だが、言い方は山ピーだ。この段階では聖域の事は言えなかった。儀式が始まった。サクサク、チョキチョキと、なんなくサイドを済ませ、いよいよ本日のメインイベント、警備員VSともちんの瞬間が到来した。「サイドこんな感じでいいですか?」問題なかったので、俺「はい。」やはりサイドだけでは少しキノコテイストが出ていたので、トップも切ってもらう時2°Vまで 山ビ |感を出し「トップもちょっといっちゃってもらえますか?」と言う俺。「分かりました。少しずつ切りますね。」笑顔で答えるともちん。さぁ!我、警備員達よ全力で戦え!心でそう叫んだ瞬間だ、シュシュシュ催 涙スプレーだ!!ただの水の霧吹き警 備員の防御力が一気に奪われる。中にはフニャフニャになって倒れる奴まで現れた。やべぇ!!そう思った瞬間、ともちんが無双しだした。シャキン!シャキン!軽快なサウンドをたて、ハサミと言う名の日本刀を振り回すともちん。無惨にも狩落とされる警備員達。このままでは!!一瞬テンパ った俺だったが、焦ったらハゲを気にしているのバレバレだし、ハゲごときにビビるというべジータ様並みのプライドが邪魔をして必死で冷静を装い、手元のカジカジを見つめそして己の持つ全ての感覚をきわだてて、落ちてくる警備員の量、そして日本刀の音、開始からの時間を計算して、今だ!と思う瞬間に顔を上げた。そして、限りなく山ピーテイストでデコが癖いって事にして、かいたついでに警備員達をさわった。
いいっすねートップ これくらいでオッケーですもうどれくらいかも分かっていなかった。とにかく無双を止めたかったのだ。幸いなんとか俺の研ぎ澄ました五感の甲斐あって、ちょうどいい感じに仕上がった。ともちんも聖域に気づいて少し手をゆるめてくれたのかもしれない。その後も、ともちんが担当だが、「前回の感じでいっちゃってください」と言うと分かってくれている。
親愛なる同志さんどうも、戦闘民族ベジ下です。それでは、今回は美容院のお話ので、ハゲカットの時のボリュームについてのお話です.これはマジ美容師さんが言ってたスキルで、俺も実感してるから、よかったら試してみ下さい。

右が薄いです。

ワイルド盛り髪散髪について言い忘れていた事があったから、仲間のみんなにシェアしたいと思いますハゲてる奴の悩みの1つにボリュームが無いという悩みがある。もちろん俺もそうだ。最近ホントてっぺんにボリュームがなくなってきて、朝しっかりボリュームを出すように少してっぺんを立てぎみにセットしても、夕方になれば頭皮脂などでペタッてきて、トップはペッワイドはモッコリで、まるでうぐいすボールのような感になる。これは当然、てっぺんの毛が細くなっているのと、密度が薄くなっているのが原因である。だから、しっかりと太く密度のあるサイドの毛達が際立って、細くスカスカのてっぺんはペチャンコになって、結果うぐいすボールになってしまうのだ。今回はこれを改善して、イケメンのチャラいワイルド悪盛りヘアーを作り出す方法をお話ししカットする際に、よくみんなが勘違いするのは、「すく=軽くなって頭皮が透ける」と思っているのではないだろうか?だから、気になる部分は「すかずに長さだけ少し切ってください」と言うふうに注文していると思う。実はこれは大きな間違えである。実は俺も体験して分かったが、すく=ボリュームUPなのだ。まぁ普通に考えば、すいたら髪は少なくなるので、薄くなるという考え方になる。かしこれは根本から、ぶち抜くわけではないので、髪の本数自体は、すいても変わらないのでそして、すく事によって短い毛が沢山できる。短い毛というのは、人によって差はあるけど、立つ傾向がある。仲間のみんなだったらもう気づいているかもだけど、そう、この短く立とうとする毛が、長い毛達を持ち上げようとするのだ。

因で薄毛が起こることがあります。

その結果、髪はペッタンコにならず、フワッとボリュームが
それに頭皮から近い毛が短いと、気持ちだが密集してるように見えて、その密度も上がったかのように見える。「すく」って言言う言葉はホント、ハゲているにとっては黒魔術のような言葉だと思う。しかしこれは実際に俺が経験して分かった事だから、仲間のみんなも恐れずに是非この、すくって事を試してほしいと思いますすいてイケメンホスト級の悪盛りワイルドヘアーでモテたおそうぜ!俺とかメンズナックルとかの雑誌に載ったらどうなるんだろう…ズラッと横並びで片組んで並んでいるイケメン達に紛れてベジータ様がギラついた目力で口角を少し上げて、薄気味わるい笑みを浮かべて読者をにらむ…読者おっ、こいつカッケーじゃん!その横のこいつもイケてね?「その横…えっ?ベジーしかも超ギラついてんじゃん!?」n....うん。悪くないな。親愛なる同志さんどうも、ベジ下です。それでは、今回は真夏の日差しで起きた惨劇についてのお話です。では、どうぞ。コーZロS修劇クソッタまた、ツやらかしやがったぜええ!!!あっ、いきなり取り乱してごめん。俺は秋恒例のダチ達とBBQをしたんだが、ヤツがまた、やらかしやがったんだ..俺のダチにY田っていう同期のヤツがいるんだけど、そのY田、盗み撮りクセがあって俺たち「のふとした瞬間を写メ撮りしてグルーブ,LINEに載せるという、とんでもねー野郎なんだ。ツレなんて鼻クソほじってるとこや、チンポジ気にしてるとこを、ガンガン、アップされてて、そのたびにXY田は、
画像投稿」みたいなラインを入れて楽しんでいるクソ野郎なんだ。んで、ついにその被害が俺様までやってきやがったんだ·..それは、BBQの終わった夜、いつものようにダチ達のグループで今日の反省も踏まえつつ、ラインをしている時だった。6人のグループでそん中の二人は女の子だ。んで、悲劇は突然起こった。Y田がいつもの如く、画像投稿のクソコンビネーションを放ったんだ。「リSバカまたやってるわ(笑)今度は、なんやねん」俺は、いつもの事だからあまり気にもせずとりあえず画像を見た。そこには、今日のBBQの風景で、ハゲたおっさんがイスに座り、眉間にシワを寄せ、しかめツラをしながら、少し猫背ぎみでBBQの肉を噛み切ろうとしている瞬間の写メだった。「誰やねん!このおっさんは(笑)」俺は、おもしろかったので、とっさにその写メにツッコミを入れた。
髪の根元までしっかりと栄養を届けてくれる

毛根下部の球根状の部分を毛球といい

んで、もう一回よく見る俺だった。俺は全身から血の気が引いて意識が飛びそうになり、脇から大量の汗を発した。しかも、が画像を投稿して「www」を入れてから、これまで順調だったラインがピタッ!と止まったんだ。スカウターが粉砕した。その写メは俺がイスに座り、猫背ぎみで背中を丸くして片手に紙皿、片手にわり箸を持って、眉間にシワを寄せながら前歯で肉を噛んで箸で引きちぎろうとしているとこを、左斜め上から撮り下ろした写メだった。眉間とデコにシワが寄って、肢しそうな目つきで猫背で肉を噛み切ろうとしているその姿は、おじいちゃんにしか見えなかった。まぁ、ここまでならギャグで済ませるだろうけど、この写メには、さらにとんでもない惨劇が映し出されていた…
その日は天気が良く、日差しも強い日で、その写メは俺が日光の下でいる時に撮られた物だっ透けていたのだ。M字ワイニングロードが直射日光の強い日差しの下、左斜め上から撮り下ろされた写メは、俺の左剃り込みを決して見逃さなかった。俺が朝頑張ってトップの髪を被せた鉄壁のガードは、強い日差しに難なく突破されて、俺のエリア51を鮮明に映し出していたのだ。透けているというか、M字に被せていた髪は、汗で少し湿った感じで束になって、ガチのバーコードになっていた。剃り込みの進入現在地も鮮明に分かる状態で、CGだろ?これ?と疑うほど圧倒的なものだった。それでもって顔は、シワくちゃで、目を細めながら肉に噛みついていた。猫背で。その姿は、妖怪の他、何者でもない。しばらく、ラインの無言がマジで続いた。もちろんこのメンバーには、ハゲはバレているかもしれないが、おおやけにはしていない。終わった…そう思った瞬間、女の子メンバーのA子ちゃんがお肉かたそうだねwと、この醜い妖怪に微笑みかけてくれるようにLINEを入れてくれた。俺はA子ちゃやんがナイチンゲールに見えた。そして、そこからまた何もなかったかのように再びラインが動きだした。A子ちゃん、ほんとにありがとう。俺はこの日を境にY田を信じれなくなったのは言うまでもないこの時の事は今でも鮮明に覚えてるわ。夏の日差しには、マジ気をつけてね。

それでは発毛という

親愛なる同志さんどうも、ベべジ下です。それでは、今回は無料でできるハゲ対策、ジョギングにっいて俺が挑戦した時のお話です。「挑戦」今日は真面目な話で挑戦したい事ができたから、みんなに報告しようと思います。
俺が挑戦したいこと、それはジョギングだ。E.ゃん?と恐らく仲間のみんなは思うだろう。しかし、もちろん公にはやらねえ。闇にまぎれて、さっそうと(夜に人目にビビりながらコソコソと)やるつもりだ。なんで今さらジョギングなんてするの?っていう事だが、それはもちろん ハゲを復活させる事※回的です。俺は最近、若干だが誇り高き ベジータ様からナッパの野郎に変わりつつあることが判明したん俺は、鏡でいつものように豪快なベジータ様の M 剃りを堪能していた時、何気にふと、後頭部が気になったから、もう1枚鏡を持ってきて 2枚の鏡で後頭部を映し出してみた。するとそこには…6 おおおお クソクリリンの野郎だ。恐らくクリリンの野郎が気円斬をかましてきたのだと思う:後頭部が、かなり活気が無くなっている事に気づいた。とにかく気円斬を間一髪でかわしたように後頭部の部分が円形型にスカッと薄くなっているのだ。ハゲてると言うよりか髪1本1本が細くなり地肌が透けていると言った感じだ。俺は久しぶりに唾をゴキュっと音がなるほど飲んで、そこから三〇分ほど動けなくなった…ついに恐れていた事態がきやがった…かなりヘコんでフラフラになったがとりあえずインターネッツを開いた。どれくらいの時間が経ったか分からない。プライドをかけて検索した。そこで見つけた答えが本日のお題のジョギングだった。実はジョギングはハゲにもっとも効果的な運動らしい有酸素運動ってやつだ。