洗髪しても色はほとんど落ちないため

毛細血管などの組織を傷つけないよう

翌日いきなり薄くなるなんてことはありません。俺は小学校の頃から、かるく格好つけで、髪型の憧れは長めで走った時にフワッフワッてなる感じだった。言ってみればトランクスの感じだ。しかし、夢と希望を抱き散髪に行き、いつも散髪が終わると俺は角ばっていた。俺の抱いた希望はことごとく裏切られ、永六輔のような見事な大工カットに仕上がっていたのトランクスが永六輔だ。そんなこんなで小学校を卒業して中学になった。中学では、よくある「ちょい悪のイケメングループ」みたいなグループがあって、俺もそこに所属していた。メンバーは、どいつもナルシストで髪型とかも毎朝 ワックスやギャッツビーなんかでバッチリ決めていた。俺も、もちろん相当なナルだったから毎朝 ドライヤーでバッチリ決めて学校に行っていた。でも、俺の髪に対しての悩みはこの中学校の頃から始まっていたんだ。俺は生れつき、きつくはないが、弱の天パで湿気や風なんかで、すぐ髪がふにゃふにゃになっちまう毛質だったんだ。当然、当時はサラサラのドス トレートが主流となっていて、天パなんかバレたら女子たちの視線も釘づけにできないし、その前にまずイケメングループから破門だ。だから俺は毎日ドライヤーとギャッツビーの黄金比率でヤン毛までツンツンにガードして学校に行っていた。ほんとこの頃から毎日髪に関しては悩まされてるわ。悪名高いタイヤ痕Y沢先輩と出会ったのも中学の部活だった。Y沢先輩はホントモテてたわ。Y沢先輩については、また紹介しようと思いますY沢先輩の髪型は、今のタイヤ痕カットとは違い、当時 人気のウルフカットだった。女子はもちろん男子まで巻き込んでの人気っぷりだったわ。中学時代もハゲることなく天パと闘いながら過ごし、高校に入った。高校も特にインパクト無し。

生えてくる髪質は一向に改善することはありません。出た答えは髪は血液から出来ている。

皮膚内部に入り込んでいる部分が毛根です。

毛髄質は芯の部分ということになります。

髪と闘った3年間だった。
そして、俺は大学には行かず就職の道に進んだんだ。二〇歳を過ぎた頃に、俺はストレートパーマという文明の最高傑 作と出会う。根性出して美容 院に行き、試しにやってみたんだけど、これは衝撃だったわ。マジ人生変わった瞬間だった。もう風も気にならないし、雨で濡れても真っ直ぐなんだ。ほんと毎日が楽しくて仕方がなかったわ。山ピーに似ていると言われたのも、このストパーをあててからだった。あっ、俺実は昔、山ピー激似だったんです。詳しくは、後でご説明します。マジ人生逆転した感じだったね。そして、神が俺に与えた最高の時間はあまりにも短かった。そう、四年後の二十四歳の春、俺はハゲたそして、今までの天パなんて比にならない地獄が始まったのだ。今思えば、天パなんてホント何のダメージもなかった。今ならパーマ流行ってるし、あえてパーマあててもよかったくらいだわ。二十四歳で戦闘民族に強制入隊。考えてみると、中学の頃から山ビー時代の四年間を除いては毎日髪に悩まされているわ。でもまだ終わったわけじゃないから、これからも俺は戦い続けたいと思う。だから決して坊主にはしない。ハゲがむき出しになるまで、坊主にはせず火花を散らしたいと思う。なんかスゲー簡単になってしまったけど、俺の今までの人生はこんな感じです。まじ運命には逆らえないよね。みんな奇跡信じて頑張ろうぜ!
親愛なる同志さんどうも、ベジ下です。それでは、今回は俺の伝説の始まり、つまり戦闘民族に強制入隊した時の事をお話しますでは、どうぞ。伝説の始まり全ての始まりは六年前の事だった。当時 俺は、ガタイを鍛えるためにジョギングを毎朝していた。その日もいつものように出勤前にかるくジョギングをして、頼れる男に磨きをかけて、シャワーを浴びた後、かきあげたオールバック姿の俺を鏡で見た。

まだ本数自体はさほど増えているとは言えません

何かがおかしい。何かが不自然だ。そう、よく見ると、明らかに片側のデコが鬼剃りを入れた感じになっていたのだ。このことに気づいたのは、その日が初めてで、今日なったのか、日々 少しずつなったのかは分からなかったが、それは確かに剃りこみの感じになっていた。少し動揺したが、家族には言わずいつものように出勤した。そして、忘れもしないこの日を境一に俺のM字伝説が幕をあけた…現在俺は六年の歳月を経て、元の生え際ラインから8センチ程、攻めこまれ髪をオールバックにすると見事なまでのMの字を描いている。その間、思いきって丸坊主にしようと思ったこともあったけどサイヤ人並みのプライドを持つ俺は悪あがきを繰り返した。サイヤ人並みのプライド同様、頭はリアルベジータだ。今の髪型は、サイドは短くして、てっぺんの髪を長めにして、それを下ろしてきてMの部分を隠している。強風が吹くと半端なく焦る。ほんと普通に生活しててもストレスが溜まるものだ。ハゲには、ハゲにしか分からない共通の苦労ってあるよね。親愛なる同志さんどうも、べジ下です。それでは、今回は過去と現在の変化、つまりハゲる前とハゲた後のビフォーアフターについて体験したお話です。過去と現在今回は過去と現在、つまりフサってた時とズルってもた時との生活の違いについて書きたいと
奄は昔ほんと山ピー似で、髪型も山ピーみたいな感じでした。みんな山ピー知ってるだろ?柿ピーみたいだけど、山ピーだぜ?それが今では誇り高き戦闘民俗、そう、ベジータ様だ。山ピーからベジータへ。久し振りに出会うヤツは、「おう!久し振り!変わんねーな」とか言いつつ目線がチラチラ、俺の目とベジータ様を反復横とびのように往復しやがる。まず、フサってる時との違いは風に超敏感になった。

新しい髪の毛はタンパクなしでは作れません。

そして水が天敵となった。ぜってぇー外では髪は濡らさねぇー、ゲリラ豪雨なんてきた時にはゲリラしばく。次に帽子は被らない。被ってる時はいいけど、もし飯食う時とか、「飯の時くらい帽 子とれや」とかになったら最後だ。帽子とった瞬間、そこにはペッタペタのスッカスカの、ご飯ですよを雑に塗った飯みたいな俺の頭が全貌を表すことになる。まさに公開処刑状態だ。飯の味も恐らくわからないだろう。そして、鏡を見る回数がパネー事になるパネー=半端ない映る物全てを味方にしようとす携帯の暗くなった画面、さりげなく通る時の車の窓、映っていないテレビ、パソコンのモニターなど。そしてそれらを鏡にする時は、さりげなく、「ここなんかキズいってね?」と適当に言いながら近づいて、目はガッツリ、モニターにうっすらと映る俺を直視する。そして、一瞬で警備員の配置を確認して(警備員=ハゲてる部分を隠している髪達) 配置がずれてるヤツは持ち場に戻す。そこには、一瞬で判断して的確な指示を出すリーダーシップ が必要となる。
ほんと、昔のッレに会うのって憂蟹だよね。老け過ぎで、誰か気づいてもらえなかったことが数回あるわ。
親愛なる同志さんどうも、ベジ下です。それでは、今回は、ハゲはなぜどんどんズルズルになっていくのか?という俺なりの考えをご紹介します。けっこう当たってるかもしれないので、是非チェケして下さい。それでは、どうぞ。ハゲのスパイラルここで少し俺が思う、ハゲの負のスパイラルについてお話しようと思います。負のスパイラルと言うのは1度悪いことに拍車+がかかると、転がる雪だるまのように止まらななおか つ問題が大きくなる事でだけど、それをハゲに例えると、ハゲてくる→風、雨が気になる→外に出るのが嫌になる→風を切るような激しい運動しなくなる→代謝が悪くなる→毛細血管が詰まる→抜ける。人目が気になる→外に出ても常に髪型が気になる、各警 備員 ハゲてる場所を隠している髪の配置が気になる→極度のストレス→抜ける。と言うふうに、1度薄 毛になると、このようなハゲのスパイラルが始まりどんどん ハゲが進行すると言うのが俺のハゲのスパイラルです。
髪の乱れを防ぐ。

他の育毛剤と同様

吹っ切れてマルボ&運動すれば回復するかもしれないが、回復までの不毛地帯のオープンキャンパスは、俺のサイヤ人並みのプライドが許さない。どう一理あると思わない?
親愛なる同志さんどうも、ハゲです。それでは、今回は俺が山ピーに激似だった時代のお話です。俺と山ピー俺と山ピーの違いを徹底レビューしてみたいと思います。まず、なんで俺が本書で山ピーをよく出す のかと言うと、実は俺昔、山ピーに激似だったんでto二十歳くらいの時にマジでよく、「ちょ!山ピーに超似てるって言われん!?」とか、ほんとよく言われていて、俺は言われるたびに「Rへやれ。どこ中のヤツ?ジャニーズ:そんなヤツいるんだ(笑)」山ピーの髪型やテンションをクソ研究しているにも関わらず知らんふりをしていま俺は激似と言われ始めてから、さらに本物に近づくために「修二と彰」っていう山ビーのPVをクソ研究したり、マジかよ(高音)マジかよ(中音)マジかよ(重低音)これだ!と山ピーの喋り方も研究していた。もちろんまだその頃はフサフサだったから、当然、髪型も山ピーだ。1ヤSp無く山ピ ーんで、激似なオーラを自主的に作りだし、似てると言われると、マジかよ(重低音)知らねーよ。と、あくまでも激似は偶然だとしらばっくれて、鬼のような完全にコピーに走っていた。ツレと遊んでいる時、腹が痛くなっても取り乱すことなくクソ重低音 と言ってトイレに行ったり、不意に弁慶の泣き所を強打して、ぶっ飛ぶくらい痛い時でも40(fm ) Jと、完全に意識していた。
俺はいつもテレビで山ピーを見るたび、「こっちの世界は心配せず俺に任せろ。ともひさは華やかな世界でさらに磨きをかけるため頑張ってくれ!だりーくらいモテるけど、まっ、お互い適当にやろうや(笑)」

髪が傷みやすくなります。

と、テレビの山ピーを安心させてやっていた。そんなある日、悲劇が起きた。山ピーに激似でモテたおしていたヤツの頭がハゲたのだ。重要なことなのでもう一度言おう。そう、山ピーを意識してギャル達に甘い重低音を放つ山ピー激似のヤツの一頭がハゲたのだ。マックが、そば屋が転身するくらいのギャップだ。俺は、現実を受け入れることができなかった。頭がハゲたら、このクールな立ち回りも、甘い重低音も全て意味をなさなくなる。言ってみれば、声の低い根暗のハゲだ。それだけは避けなくてはならない!俺は山ピー激似代表だ!俺は、プライドをかけて、この理不尽な現実と闘うことを胸に誓った。そこから俺と山ピーは別々の道を歩むことになった。山ピーは華やかな芸能界の世界で、俺は戦闘民族として。生活もかなり変わってしまった。これまでなら車に乗るときも窓全開でかるく肘を窓に乗せて、シートにクールにもたれながら、風で髪をなびかせ、冷静ながらも危険な香りをかもし出して運転していたのが、今では絶対に窓は開けねー。どんだけ暑くても開けねー。どうしてもという時は、ハンドルに極限に体を近づけて、できるだけ風が当たらないように頭を前にやってから、そぉーつと、そぉーっと、窓を少しずつ、少しずつ全開まで開けていく。そして3秒後にはスッと閉める。その姿は、物音に感覚を研ぎ澄まし、命がけでドングリを拾いにいくシマリスのようだ。やっぱり、別々の道を歩みだしてから、一番変わったのは海だ。山ピーならクールにビーチに現れると、クロール、背泳ぎとかでクールに泳ぎ、濡れた髪をか
き上げながら海から上がってくると思うけど、俺はもうそうはいかない。砂浜に降り立った瞬間、ドラゴンボールの戦闘のBGMが流れる。クールに泳ぎ、海から上がってきたその姿は、頭からモズク酢をかぶったナッパだ。そこに山リー悩地1リもな い。ほんと、ハゲというのは人生を大き く変えてしまう。もし、今ハゲてなかったらほんと毎日が楽しくて仕方ないと思う。まっ、今さら言っても仕方ないけどね。だから俺はこの先も、決してマルボは行かず、悪あがきを続けて闘っていこうと思う。いつの日か、また山ピーになれるように。
親愛なる同志さんどうも、ベジ下です。それでは、今日はハゲにとっては拷問である、散髪についてのお話です。では、どうぞ。美容院とハゲ今日は仕事終わりに髪切りにいってきました。この髪切りに行くこともハゲにとっては一大イベントになる。今日はその一大儀式についてお話ししよう思います。俺は、かれこれ十年、山ピー時代からの行きつけの美容院がある。床屋ではなく美容院だ。