学資保険について思うこと

Filed under: ブログテーマ「学資保険」のリスト — Amano Hiroshita @ 08:28 2010-05-01

学資保険に入るのであれば、早い段階で加入したほうがいいと思う。

学資保険に加入する時期が遅くなればなるほど、受けれるメリットも小さくなるからである。

今現在、定期預金や積立預金を行っても全くと言っていいほど利子がつくことはないのではないだろうか。

しかし、学資保険の場合は、定期保険や積立預金と比較しても、将来返却される利子部分の割合を比べても非常に高く、それだけでも大きなメリットを受けることができると思う。




また、子供が小さい時にはそれほど金銭的な負担はないのだが、小学校・中学校・高校と子供が成長するにつれて、学校で利用する備品や授業料などの面において子供にかかる金銭的な負担は非常に大きなものになってくる。

特に子供が大学まで進学するようであれば、大学の入学金や授業料など、一時にかかる負担は非常に大きなものになってくる。

そういった際に学資保険に加入しているのであれば、必要な時期に応じて掛け金の返却が行われるので非常にメリットがあると思う。




また、学資保険の大きなメリットとしては、保険が一緒に加味されていることではないだろうか。

考えたくはないのだが、仮に子供が死亡してしまったり大きなけがを負った場合には、学資保険には死亡保険やけがの保険なども加味されていることから、その保険を利用することができる。

そういったことを考えると、子供に何かあった場合などを考えても、早い段階で保険をかける必要があると思うし、親や子供にとっても非常にメリットのあるものだと思う。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする