永代供養を知っておこう

Filed under: ブログテーマ「永代供養」のリスト — Amano Hiroshita @ 08:28 2010-04-18

永代供養に関して、細かい点も踏まえながら説明していきたい。
というのも、永代供養は現代社会特有の問題を背景に発生したお墓の形態であり、今後も利用する人は増えていくことが考えられるからだ。
我々は皆永代供養に関してのある程度の知識は把握しておく必要がある。
永代供養は、普通のお墓と比べて大きく違う点は、普通のお墓は継承者がいなければ通常契約を結ぶことが出来ないが、永代供養では、継承者がいなくても生前に契約を結ぶことが出来るという点だ。



永代供養を選ぶ理由として多いのは、もちろん子供がいないという理由である。
主に継承者がいないという理由で永代供養を利用するのだ。
しかし、子供がいても、子供とは宗旨、宗派が違うといった理由で永代供養を利用する人もいる。
永代供養で気をつけばければならないことは、供養は寺院の宗旨、宗派にのっとったやり方で行われるということだ。
受け入れに関しては、宗教を問わないところが多いが、供養になると宗派にのっとって行われるというわけである。



永代供養では、遺骨の安置期間に関しても違いが生じる。
ほとんどの墓地では、遺骨の安置する期間を33年や44年などと設定している場合が多い。
これらの期間は墓地によって変わってくる。
また、半永久的に骨壷に遺骨を納めた状態のまま供養してくれるところや、逆に最初から遺骨を土にまくところなど、様々なタイプがある。
これらは、大体費用によって選択することが出来るのが一般的である。
これら永代供養の知識は、現代人の必須知識であるとも言える。
ぜひ頭の片隅において頂きたい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする